オホーツクで新規就農2018-08-01T20:55:30+00:00

新規就農までのステップ

農業に興味がある、農業法人に就職したい、農業体験してみたい。
そんな方には次のステップをご用意しております。

酪農の仕事をしてみたい!

まずは気軽に参加できる体験ツアー、そして短期の研修、中長期の研修に参加されるのが一般的です。それ以外に、農業法人へ従業員として就職したり、酪農ヘルパーとして様々な牧場を見て回ったり、後継ぎがいない牧場の経営を継承して始めるなど、新規就農まで様々な方法をご紹介しております。

酪農を体験してみる

オホーツクの大自然の中でゆったりと牛を育て、質の良い牛乳を作る。牛たちと触れ合いながら、生き物と触れ合う仕事なのでやりがいが違う。

  • オホーツクでの酪農を数日間で気軽に体験することができます

  • 酪農に興味がある場合、現場を体験してみることが近道です。

  • 作業着など必要なものは貸し出します。初心者歓迎。

もっと詳しく

酪農の研修を受ける

数日間の「体験」の次には、1週間~1年間の短期・中長期酪農研修プログラムをご用意しております。

研修期間中の宿泊施設は充実した設備をご用意しております。

農家の仕事はどんな感じか、一日の作業の流れ、自分に合っているか、そこの地域の様子、気候・・・など、やり始めてわかることがたくさんあります。

もっと詳しく

畑作・園芸研修生募集

オホーツクの畑作研修生 募集要項を掲載しています。

もっと詳しく

畑作・農業体験ツアー

オホーツクの畑作 農業体験ツアーを掲載しています。

もっと詳しく

牛と共に歩んできた歴史

北海道の開拓の歴史の中で最初に注目されたのは、寒さに強い牛を育てる酪農でした。明治に入って北海道に入植した農家の人たちは、牛と広大な土地を得て、酪農への道を歩み始めました。酪農家の人々は、毎日の苦楽を牛と共に、パートナーとして歩んできた歴史があります。