網走市小麦集出荷施設

網走市小麦集出荷施設は、平成26年に竣工され、北見農協連が管理している施設です。総事業費は41億89百万円。敷地面積8,917平方メートル、小麦の集出荷を行うためのあらゆる設備が整っています。オホーツク産小麦の約7~8割(約12万トン)はここから全国へ船やトラックで出荷されます。
小麦集出荷施設
小麦集出荷施設
24基の貯蔵タンク(サイロ)があります。(1基750t)
トラックリフト
トラックリフト
オホーツクの各地にある小麦乾燥施設から、トラックで運ばれてきた小麦を荷受けします。
荷受計量機
荷受計量機
荷受した小麦をタンク(サイロ)へ貯蔵する前に計量し、異物を取り除きます。
サイロ排出フローコンベア
サイロ排出フローコンベア
この排出コンベアーでサイロの麦を船やトレーラーに送ります。
船積昇降機
船積昇降機
トラックで出荷するための装置です。
操作室
操作室
荷受~出荷までのデータ管理・操作を管理します。
シップローダー
シップローダー
1時間に500tの小麦を船に積むことができる装置です。
船積ベルトコンベア
船積ベルトコンベア
シップローダーへ小麦を運び出します。
船積み
船積み
流氷のなくなった4月~1月くらいまで網走港から船で出荷します。

所在地:〒093-0032 北海道網走市港町4番28号
TEL:0152-45-2214
FAX:0152-43-1406

オホーツク乳ライフトップページへ
オホーツク乳ファイルのトップへ
オホーツクで酪農を始める
従業員募集へ
このページのトップへ